法的出生前DNA鑑定に関する事前確認兼同意書

出生前血液DNA鑑定に関する事前確認兼同意書


  • 被検者本人の同意のもとで鑑定を行うこととし、必ず被検者本人が署名してください。
  • 被検者が未成年者の場合は親権者、被保佐人の場合は保佐人、成人被後見人の場合は後見人が署名してください。
  • 株式会社SeeDNA法医学研究所(以下「会社」という)の鑑定を受けないという選択も可能です。
  • 会社では、必要に応じて、検査の開発者である専門家によるカウンセリングを行いますので、ご希望の場合はご連絡ください。
  • 該当項目にチェックがない場合や署名欄に不備がある場合は、本同意書に同意しないものとみなされ、鑑定ができない場合があります。

  • 鑑定の目的
    会社が行う出生前血液DNA鑑定は、産み分けを目的とするものではありません。
    胎児の生物学的な父親の確認を目的として鑑定を行います。

  • 検体採取
    1. 依頼人は、会社から提供された案内書に従い、正しい情報を提供し、専門スタッフの立ち会いのもと検体の取り間違いがないように検体採取を行うこととします。
    2. 母親の血液は必ず会社が指定した方法により妊娠8週目以降に採血し、採血した当日中に返送することとします。

  • 鑑定の方法
    1. 依頼人より提出された検体は、会社により匿名化され、会社または提携先の鑑定機関注1においてSNPs (Single Nucleotide Polymorphisms) の解析により血縁関係を確認するために利用されます。
      ※注1) 提携先:DNA Diagnostics Center (DDC;アメリカ合衆国・オハイオ州)
    2. 母親の血液から血漿を単離し、父とされる男性(以下「擬父」という)の検体から得られたDNAと母親の血漿から得られた胎児のDNA、そして母親の血球細胞から得られた母親のDNAを最新の分子生物学的な手法であるNGS法 (Next Generation Sequencing) にて解析し、SNPsを比較することにより血縁関係の有無を判定します。

  • 鑑定結果に対する承諾
    1. 被検者が輸血または骨髄移植を受けた場合や、擬父同士が近い血縁関係である場合、胎児が二卵性双生児の場合は、正確な鑑定結果が得られませんので、必ず会社に連絡することとします。
    2. 被検者のDNAに生じた突然変異、欠損、置換、キメラ等の理由により正しい鑑定結果が得られない可能性があることを承知しています。
    3. この鑑定の結果はあくまでも生物学的、統計学的に解析したものであり、100%の正確な鑑定は理論上不可能であることを承知しています。また、検体の状態によっては正しい鑑定結果が得られない可能性があることも承知しています。
    4. 依頼人が提供した情報をもとに鑑定を行い、得られた鑑定結果次第では依頼人および被検者に不利益をもたらす可能性があることを承知しています。

  • 結果報告予定日
    会社に検体が午後到着した場合、結果報告予定日までの日数が1営業日加算されます。検体の状態または郵送事故、郵送遅延による検体の損傷など、会社でコントロールできない理由により結果報告日が前後する場合がありますが、会社は一切の責任を負いません。

  • 鑑定結果の報告
    1. 鑑定結果は、申込時に指定された方法(文書、Eメール)により報告されます。
    2. 擬父と胎児の間の血縁関係についての報告は、父権肯定確率99.99%以上、または父権肯定確率0%として報告いたします。
    3. 依頼人以外に鑑定結果が伝わることを防ぐ為に、電話やファクシミリによる鑑定結果のお問い合わせには対応いたしかねます。
    4. 鑑定結果報告日より1年経過後の報告書送信および発送はお受けいたしません。また、いかなる理由があっても鑑定中の進捗状況はお伝えすることができません。

  • 鑑定のキャンセル
    1. 依頼人の都合によるキャンセルの場合、検体採取キット発送前は全額返金いたします。
    2. キット発送後の依頼人都合によるキャンセルは、開封前のキットを弊社にご返送いただいた場合にのみ、依頼総額の70%から事務手数料10,800円(出張検体採取の場合は、出張場所1カ所につき21,600円)を差し引いた額を返金いたします。
    3. キット開封後のキャンセルに関しましては、いかなる場合においても返金はいたしません。
    4. 申し込み日より1年以内に検体をご提出いただけない場合、キャンセルに伴う返金はいたしかねます。

  • 無料再鑑定とそれ以降の鑑定について
    1. 万が一、1回目の鑑定で「判定不能」という結果となった場合、無料再鑑定として2回目の鑑定をお受けいただくか、再鑑定はせずに依頼総額の30%から事務手数料10,800円(出張検体採取の場合は、出張場所1カ所につき21,600円)を差し引いた額の返金をお受けいただくかの二者択一となります。ただし、2回目以降の鑑定に進んだ場合、返金はいたしかねます。
    2. 2回目以降の鑑定の際にご提出いただく擬父の方の検体は、原則、口腔上皮に限ります。もし特殊検体をご提出いただく場合は特殊検体料金が別途発生し、鑑定期間が追加されます。
    3. 2回目の鑑定を行い「判定不能」となった場合、3回目以降の鑑定を行うことも可能です。3回目以降の鑑定で母親の血液の再提出が必要な場合は、別途32,400円(税込)の鑑定費用がその都度発生いたします。

  • お申込み時の鑑定料金以外の費用
    1. 検体として血液をご提出いただく際の採血費用は、依頼人の負担となります。
    2. 検体採取キットの再発送や書面での結果報告書の追加発行等、依頼人都合により別途料金が発生する場合は、ご依頼時の鑑定費用とは別に料金を請求させていただく場合があります。

  • 返金規定
    1. 検体の状態または郵送事故、郵送遅延による検体の損傷など、会社でコントロールできない理由により結果報告日が遅延した場合、オプション料金の返金はいたしかねます。
    2. 依頼人都合によるキャンセル、または無料再鑑定辞退に伴う返金の際、銀行振込手数料(クレジットカード決済の場合はカード決済手数料)は依頼人の負担となります。
    3. 万が一、会社のミスにより鑑定結果に誤りがあった場合、会社にお支払いいただいた鑑定費用の全額を返金いたします。

  • 妊娠証明書または診断書の提出
    無料再鑑定の際、もしくは返金の際には、採血時点での妊娠期間が証明できるものの提出が必要な場合があります。
    尚、採血時点での妊娠期間が8週目未満の場合は無料再鑑定/返金保証外となります。

  • 検体の保存および個人情報の保管
    1. 依頼人からのメール、個人情報は匿名化された状態でサービス向上のために活用されます。
    2. 検体および検体から得られたデータは匿名化された状態で、胎児の遺伝病診断法(NIPT)の研究と鑑定精度向上のために活用されます。
    3. 解析および研究が終了した検体は、依頼人への通知・許可なく、指定の業者により破棄されます。検体の保管を希望する際は、鑑定開始前に会社へ連絡することとします。

  • 免責事項
    検体の損傷、依頼人による書類の記入ミス、または検体採取のミス、および被検者のDNA上で生じた突然変異、欠損、置換、キメラ等の会社でコントロールできない理由による結果判定ミスに関して、会社は一切の責任を負いません。また、いかなる場合においても、上記の返金規定(項目「10. 返金規定」参照)以上の責任は負いかねます。

    • <本鑑定の事業者>
      事業者名:株式会社SeeDNA法医学研究所
      所在地:〒121‐0813 東京都足立区竹の塚3‐10‐1 竹の塚ビル2階
      電話番号:03‐6659‐2997
      代表者:金 起範 (取締役社長)


お気軽にご相談ください。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 月~日 9:00~19:00(祝日を除く)

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、見分けることは簡単なことではありません。DNA鑑定は、信頼と実績のSeeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎